• Leo

どっちの道でも、あり。

あっという間に、今年もあと少し。 日々、太陽の光が眩しくなっているようですね。



先日公園で、とっても綺麗な木に出会いました。もう紅葉、落葉、終わりかけの木々の中で、そこだけパッと輝く赤い色。





その木の下には、右と左、2本の道が分かれていて、ちょうど右は上り坂、左は下り坂です。



以前の私だったら、どっちの道を通るのが”正解”だろう、そんなことを考えに考えて、一生懸命、悩んだに違いない。



でも今は、”どっちを通っても正解”。と、にんまりできる。



右の道はお日様が照っているから、上り坂だけどぽかぽかだ。左の道は、ちょっと長い距離を遠回りするようだけど、下草やコケに囲まれ、ちょっとふかふか道だ。



今はもう。



肩の力を抜いて、どっちの道でも、楽しもう。